スポンサーサイト

-- / --  CATEGORY / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手にインプレ:NEW THUNDERBIRD ABS

2009 / 10  CATEGORY / MOTORCYCLE

20091009_01.jpg

全国のトライアンフ正規代理店(※一部店舗除く)にて
開催されているNEW THUNDERBIRD ABS Debut FAIRですが、
ワタクシ居ても立っても居られなくなりまして^^ゞ
ちょこっと覗いて参りました。

‥と言う訳で、今回の勝手にインプレは、
国内デビューほやほやの“NEW THUNDERBIRD ABS”を
ご報告したいと思います^^

また、トライアンフ京都のイケメン???メカニック藤原さんに
ニュー・サンダーバードの魅力をお伺いすることもできましたので
そちらもご報告させていただきたいと思います。
久保さん、藤原さん、この度はありがとうございました^^!



20091009_02.jpg

今回、“NEW THUNDERBIRD ABS”を試乗させていただいた
トライアンフ京都さんの建物の前には、
ピカピカツヤツヤと輝くデビューしたての車体がドドーンと。
パシフィックブルー&ヒュージョンホワイトというカラーリングは
なかなかスポーティーな雰囲気を醸し出していまして、
個人的には「おおおお^^!」といった感じでして‥。

また、実車を目にするまではクルーザーというコトで
ロケットスリー並みに大きなボディを想像していたのですが、
これが意外にコブリであったコトも印象的でありました。

---------------------------------------------------------
試乗人
まずは、ポジションについての感想です^^
両足がベッタリつくこの安心感は、
トライアンフ唯一といっていいと思います。
そして、ハンドルまでの距離も近からず、遠からずの位置で、
ブレーキペダルやシフトペダルにもムリなく届きました。
(実は、届かなかったらと不安でありました^^;)

エンジンスタートと同時に聞こえてくる
水冷バーチカルツインエンジンのサウンドは、
空冷に負けず劣らずの、とても迫力のある低い深みで。
上品な2気筒サウンドとでも表現すればいいのでしょうか。
ハンドルから体に伝わる鼓動がワクワクさせてくれます。
(ワタクシのボキャブラリーではこれが限界でして‥。
 大変申し訳なく^^;)

20091009_10.jpg

【街中の走行について】

ニュー・サンダーバードを試乗してまず感じたことは
「とにかく軽い!」ということでありました。
重心移動だけでヒラリヒラリと動く感じ。
交差点を曲がる時のハンドリングの軽さも気持ち良いです^^
アメリカンのようなスタイリングのバイクには
あまり乗り馴れておらず、何とも言えないトコロでありますが、
こんなにセルフステアを感じるモノだとは思いませんでした。
非常に乗りやすいです^^!


【直線での加速】

1速で引っ張って2速にあげた瞬間
ドーッ!と身体をもってかれてしまいましたが、
(試乗される方は、2速から引っ張らないと危険かと^^;)
2速→3速→4速→5速のシフトアップは非常にスムーズで、
ストレスを感じさせないトコロは流石^^

実は、このニュー・サンダーバード、
クルーザーというジャンルに存在するにも関らず
6速ミッション設定であるそうでして。
ですが、今回の試乗では、その6速に関しては
結局意味もなくカチッと上げただけで終わってしまいました。
もう5速でも十分だと感じました^^;

20091009_03.jpg

【中速の連続S字カーブ】

中速のS字カーブに入る手前、直線からシフトダウンすると
ドルルドルルドルルと心地良いエンジン音が^^
シフトダウンも非常にスムーズで、
軽くアクセルをあおってあげれば
強いバックトルクを感じることはありませんでした。

そして、S字カーブに入ると、
何にも考えずにヒラリと寝かし込むことができ、
アクセルを開ければグイッと起き上がり、そしてヒラリと切り返す。
この感じは、ワインディングや峠道でも十分に楽しめそうです。
しかも、全く怖さを感じられないのですね。
エンジンパワーにライダーが対応しきれる丁度いい感じ
これもまた、このニュー・サンダーバードの
魅力のひとつのような気がします。

20091009_04.jpg

【タイトなカーブ】

アメリカンのようなスタイリングのバイクは
「リアで曲がる」と耳にする機会が多かったのですが、
このニュー・サンダーバードの場合はどちらかというと
「フロントで曲がる」そんな感じを受けました。
乗車スタイルは違うものの、
ネイキッド的な感覚で曲がれてしまうのがいい感じです。
やあー、面白いですねえ^^


【ブレーキング】

コーナーでは、リアブレーキを多様するよりも
フロントブレーキ重視の方が走りやすかったような気がします。
(ブレーキングから加速の際も、バイクが安定していました。)
直線でのブレーキング(停車時)では、
さすが1600ccの排気量を支えるブレーキと言うべきでしょうか。
あまり効かないのではないかと思っていたフロントブレーキも
しっかりと効いてくれました^^
(標準装備のABSはさすがに試すことを断念。
 なんせ200万円の代物でs(以下ry^^;)

20091009_05.jpg

まだまだまだまだ乗っていたい
と思う気持ちは尽きませんでしたが、
ここで(本当に残念ながら^^;)試乗は終了し、
トライアンフ京都さんで色々とお話を伺うことにしました。


藤原さん
いかがでしたか^^?

試乗人
対向のバイク乗りの方やドライバーさんに
ムチャクチャ見られました^^;
ちょっと恥ずかしかったですけれど、
サンダーバードって本当に楽しいバイクですね。

あ、そうそう、藤原さん。
停車時にはハンドルに振動があったような気がしたのですが、
走り出すとその振動ってなくなるんですね。

藤原さん
おっ、そうなんですよー。
クランク内部のバランサーシャフトっていうのが入っていて
それが振動を抑えてくれているんですよ^^

試乗人
そうだったんですね。
でも、これならロングツーリングの時でも
手の疲れが少なくてすみそうですよね。
あ、それとオプションパーツが気になっていたんですが、
何があるか教えていただけませんか^^?

藤原さん
もちろん、ありますよ^^
今はコレだけですが、まだまだ出てくる予定なんです。
全部で100種類ぐらいをメーカーが準備しているんですよ。
ですので、ツーリング仕様にもドラッグ仕様にも、
オーナーさまの好みで何にでもふってしまえるというのも
サンダーバードのもう一つの魅力なんです。

20091009_08.jpg

20091009_07.jpg

20091009_09.jpg

試乗人
100種類ですか?
ボンネビル並に多いですね^^;
そのうちトライアンフ京都さんでも
とんでもないカスタム車輌とか作っちゃうんですか?

藤原さん
カスタム車輌を作るかどうかは分かりませんが、
オーナーさんに喜んでいただけるカスタムを
ご提案したいと思いますね^^!
個人的には、タンクの形状とか変えたりとか(笑。
でも、しっかりまだ中身を見てないんで、どうなるか。
‥‥‥‥(笑。

試乗人
藤原さん、やる気満々ですね‥。
カスタムバイク完成したら教えてくださいね。

藤原さん
‥はい(笑。

試乗人
藤原さん、今日は本当にありがとうございました。
また宜しくお願いいたします^^

藤原さん
是非!また乗りにきてくださいねー^^
---------------------------------------------------------

ご報告は以上になります^^
今回試乗させて頂いたNEW THUNDERBIRD ABSは
アメリカンという固定観念を気持ち良く裏切ってくれた
そんなバイクであったように思います。
また、ワタクシの説明ではこのバイクの面白さを
十分にお伝えしきれませんので、
機会がありましたらこのフェア期間中に是非^^!

>>NEW THUNDERBIRD ABS Debut FAIR
の詳細情報はコチラまで。

毎度毎度、ボキャブラリーが少ない上に
魅力を十分お伝えすることができない勝手にインプレですが、
次回も懲りずに見て頂けると幸いであります<(_ _)>

久保さん、藤原さん。
この度は色々とお世話になりありがとうございました。
次回はセッティングについて色々と教えてください。
これからも宜しくお願い致します^^


※あくまで個人の偏った感想になりますので、
 雑誌やネット情報とは異なるかと思います。
 また、感じ方によっては何かと誤差が生じるかと思います。
 大変申し訳ありませんが、その辺はご了承いただけますよう
 お願い申し上げます。



>> 試乗協力ディーラー:トライアンフ京都さま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。