スポンサーサイト

-- / --  CATEGORY / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に無駄方便:ステム・メンテナンス

2010 / 10  CATEGORY / 勝手に無駄方便

20101031_01_20101031205525.jpg

こんにちは。管理人です^^

さて、今回の勝手に無駄方便は、
ステムのメンテナンスについて書いてみたいと思います。

<ステムとは>
フレームとフォークを繋ぐものです。(←訂正)

皆さんは、バイクに乗っていてハンドリングが「渋い」
なんて感じたことはありませんか?


20101031_02_20101031205525.jpg

ワタクシ。
最近バイクに乗っていて
セルフステアが妨げられている感じがしていたのです。

で、ディーラーさんへご相談にいったところ
『ステムのオーバーホール』を勧められました。

メカニックの方のお話によりますと…
ハンドリング(ステムの動き)が渋いということは、
セルフステアが妨げられてハンドリングが悪化しますし、
ステムにガタが生じてくると、ブレーキングの際に
ハンドルに「コツッ」とした手応えが伝わって
減速時の安心感に影響してくるのだそうです。

サーキット走行を頻繁にされる方やレースをされる方は別として
一般的な走りをされている方の場合、2~3年に一回は
ステムをオーバーホールしたほうが良いのだとか。



で、どんな作業をされるのかと言うと…

20101031_02.jpg

こんな感じ^^



ワタクシの場合、
かれこれマル3年オーバーホールをしていないので、
ステムについているベアリングも交換し、
グリスアップをして頂こうと思っております^^
(オフシーズンに入ったら即メンテ入院の予定でございます)

快適なバイクライフの為には、
こうしたメンテナンスはほんとに大切ですよね^^

そういえば…ハンドリング渋いなぁ~と思われた方。
お早めのオーバーホールをお勧めします!

オーナーさんが慣れてしまうと
ダメージに気づかないまま乗り続けていることもあるそうです。
分からない方はディーラーさんに観て頂くのもいいかも。



今回使用しました写真は、
トライアンフ京都さまBLOGより使用させていただきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。