スポンサーサイト

-- / --  CATEGORY / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に無駄方便:TIGER HISTORY

2010 / 08  CATEGORY / 勝手に無駄方便

20100814_01.jpg

こんにちは。管理人です^^

今回は「TIGER HISTORY」と題しまして、
歴代(1991年以降)のTIGERの歴史を調べてみましたので、
ご紹介させて頂きたいと思います。

以下は、ワタクシが調べてみた内容ですが、
なんせそれが正しい情報か!?と言われると
そこは全く自信がありませんので、あくまで参考までに
という感じでご覧頂けましたら嬉しいです (^^; )


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

20100814_02.jpg

ヒンクレー工場で生産された「TIGER」のデビューは1993年。
この頃、ヨーロッパではデュアルパーパスモデルが人気でした。
トラアンフもその流れに合わせるかたちで、
TIGER 900」をリリースされたそうです。

TIGER 900は、TROPHY 900や、SPRINT 900と同じ
水冷3気筒DOHCエンジンを採用していましたが、
他モデルよりディチューンされ、
8000rpm/84psのマックスパワーに設定されていたそうです。
前後ホイールにはフロント19インチ、リア17インチの
ワイヤースポークホィールを採用。
このTIGER 900は、2本出しのサイレンサーでした。
初期型のカラーリングは、
サンドストーン/レッド/ブルーの3色が用意され、
エンジンガードも同色にペイントされていたそうです。

20100814_03.jpg

TIGERがフルモデルチェンジされたのは1999年。
パワーユニットは、T509 SPEED TRIPLE用の
885ccユニットをベースに、カムシャフトや圧縮比の変更によって
TIGERらしいフィーリングに調整された「TIGER」をリリース。
この頃からTIGERのショックユニットは、
オンロード重視のセッティングに変更されたそうです。

また、気化器においてもキャブレターから
Segem製のインジェクションシステムに変更となり、
最高出力は従来型85ps→87psに向上したのだとか。

2001年には、955ccのエンジンを搭載し、
バルブやマフラーは新設計のものを採用。
最高出力も105psと大幅に向上したのだそうです。
しかし、タイヤサイズは従来型と同様の
フロント19インチ、リア17インチだったようです。

20100814_04.jpg

2005年には、アルミキャストホィールに変更され、
前後のショックユニットの設定を見直すなどの調整により、
 ◇キャスター角を28度→25.8度
 ◇ホイールベスも1550mm→1515mm
他社の同ジャンルと比較しても、
格段に軽快でスポーティーなハンドリングを実現したのだとか。
尚、パニアケースはオプション設定となっていたそうです。

20100814_05.jpg

そして、熟成を続けてきたTIGERは、
さらにオンロードに特化したモデルへと進化していきます。
2007年には、従来型の穏やかな乗り心地を引き継ぎつつも、
スポーツ性能やツアラーとしての性能を向上させた
新型「TIGER」がリリースされました。

イタリア・マラベーゼデザインによる外装パーツも
スポーティさを演出していますが、
最大の特徴は、前後ともに17インチホイールが採用され、
タイヤもブロックパターンタイヤから
ロード用スポーツタイヤに履き替えられました。
しかも、ABSは標準設定となっています。

さらに、倒立フォークにラジアルマウント式キャリパー、
フレームも一新されてTIGERは全く新しい思想のもと
デュアルパーパスの新時代を築き上げたのでした。

エンジンは、同年にリリースされた、
SPEED TRIPLEやSPRINT STと同じ
1050cc 並列3気筒エンジンを採用しているものの
トップギアは、ツアラー的な利用を考慮し高目に設定されています。
また、最高出力は、従来型105ps→115ps、
最大トルクも922Nm→100Nmとそれぞれ向上されました。
こうして新型TIGERは、他のオンロードバイクと遜色のない加速と
スポーティーな走りを手に入れたのであります^^

20100814_06.jpg

2009年にはスペシャルエディション「TIGER SE
が国内限定50台で販売されました。
特別装備としては、パニアケース、ハンドガードを標準装備。
翌年の2010年には、通常のラインナップに追加されました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

調べた内容は以上となります (^^; )

TIGERは、
現行トライアンフの軸とも言われている車輛なのだそうです。
ツーリング、ワインディング、シティユースと
あらゆるシチュエーションに対応できる“マルチロールプレイヤー”
果たして今後TIGERは、どう進化していくのでしょうか^^

20100814_07.jpg

また、今年の秋には…
TIGERと同じカテゴリーに「ADVENTURE」も登場します^^
2010年。トライアンフのこのカテゴリーは熱くなりそうですね^^



今回使用しました写真は、
トライアンフUKオフィシャルHPさまより使用させて頂きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。