スポンサーサイト

-- / --  CATEGORY / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRIUMPH Fun to Ride Session in Kansai

2010 / 07  CATEGORY / TRIUMPH イベント

20100728_01.jpg

こんにちは。管理人です^^

今回のイベントレポートは、
2010年7月24日(sat)25日(sun)に開催されました
---------------------------------------------------------
◇ TRIUMPH Fun to Ride Session in Kansai
---------------------------------------------------------
の2日目の様子をご紹介させていただきたいと思います^^


20100728_02.jpg

セッション2日目は、滋賀県の栗東市にある
ファーストフード店に8時に集合しました。
参加者が全員集合すると、佐川先生の講義がはじまりました。

2日目はツーリングセッションということもあり、
ストリートにおける危険ゾーンの説明に加え、
走行ラインについては「1/3ミドル」という佐川先生が提唱する
安全な走行ラインの説明も受けました。

20100728_03.jpg

 赤ライン:スポーツライン
 青ライン:セイフティーライン


ちなみに「1/3ミドル」とは自分の車線の幅を1/3ずつに分割して、
その真ん中のゾーン内を走るという考え方です。
一般道の幅はだいたい3mなので、
左右に1mずつのセイフティーゾーンができます。
たとえスポーティに走りたい場合でも、
このミドルゾーンの中でのアウト・イン・アウトであれば、
仮に失敗してもラインを修正する余裕があるとのことでした。

 ワタクシも以前、佐川先生が「Bike Bross」で連載されていた
 スマテク講座を読んでいたので「1/3ミドル」は知っていました。
 しかし、いざ実践してみると結構難しかったんですよね^^;
 なので、今回のセッションで、この「1/3ミドル」を
 なんとかマスターしたいと思っておりました。




20100728_04.jpg

1時間ほどの講義を受けた後は、バイクに跨がりフォームの練習。
着座位置・ハンドルの握り方・減速&加速フォームなど
細かな部分を注意しながら何度も練習しました。
午前中は「セルフステア」に特化したカリキュラムでしたので、
セルフステアについての解説を受け、
セルフステアを使って曲がる「キッカケ」についても練習しました。



準備が整ったところで、いよいよワインディングでの実践です^^
第1休憩ポイントまで、先ほど教えて頂いた「目線」や「フォーム」
そして「1/3ミドル」を意識して走ります。

20100728_05.jpg

最初の休憩ポイントに到着すると再度カリキュラムの確認でした。
前に追いつくことに必死になり、「目線」や「フォーム」が乱れたり
「1/3ミドル」ができていなかったからなんです。

 ワタクシの場合は「1/3ミドル」を意識しすぎたばかりに、
 目線が近くなり結果的にフォームが乱れっぱなしでした^^


このような感じで、各休憩地点に到着すると
実践できていたかの自己評価をし、改善ポイントを整理しながら
次の休憩ポイントまでを走行して行きました。



約2時間ほど走ったところで、午前の部は終了。
滋賀県の信楽にある「陶芸の里」にあるカフェレストランで
特製のお弁当をいただきました^^

20100728_06.jpg

疲れきった方もいらっしゃれば、黙々と食べている方も…。
佐川先生のテーブルでは、なにやら笑い声が^^
先生のプライベートの話で盛り上がっていたそうです。



昼食後は、午後のカリキュラムについて説明を受けました。
午後は「操舵テクニック」に特化したカリキュラムということで、
ワインディング走行中の危険回避を操舵テクニックを用いて行う
「順操舵」と「逆操舵」の理論を学びました。

理論を学んだ後は、実践あるのみ!
というわけで午前とは別のワインディングに移動。

まずは、佐川先生によるお手本をみんなで観察。

20100728_08.jpg

観察中も峯岸先生が、佐川先生の行っている操作について
いつどんなタイミングで操作をすればいいのか。
その操作でバイクにどういう動きを与えているかなど、
操舵テクニックごとに細かく解説していただきました。

20100728_09.jpg

(ハンカチを避けているの分かりますか?)
左…リーンインからの順操舵 →車線のイン側に俊敏な移動。
右…リーンアウトからの逆操舵→車線のアウト側に俊敏な移動。



佐川先生の実演を記憶し、いざ実践!!

20100728_11.jpg

しかし、そんなすぐにマスターできる訳もなく。
休憩場所に到着すると…。
佐川先生より、個別にアドバイスを頂き、再度トライ!
何度かこのやり取りをすることで、徐々にコツが掴めてきました。

最終の集合場所までのワインデョングは、
皆さん、自分のペースで課題にトライされていましたね^^



20100728_12.jpg

最終集合場所のファミリーレストランでは、
カリキュラムの達成度や1日を通しての感想を個々に発表。
そして、佐川先生より個々に評価とアドバイスをいただきました。

佐川先生や峯岸先生も言っておられましたが、
皆さん、朝とはくらべものにならないくらいに
自信に満ちた表情をされていました。
今迄モヤモヤしていた部分が解消されたのでしょうか?
ご自信がイメージしていたライディングに近づいたのしょうか?
皆さんそれぞれに「成果」を実感さてていたのだと思います^^



20100728_14.jpg

ツアーセッションの締めくくりに記念撮影をパチリ!
皆さん満足げな笑顔でしたね^^

参加者のみなさん、お疲れさまでした。
そして、2日連続の猛暑の中、汗ダクで教えてくださった
佐川先生、峯岸先生、本当にありがとうございました!

---------------------------------------------------------
今回も長々とレポートを書いてしまいましたが、
ツーリングセッションでは、
クローズドセッションで学んだことがもの凄く活かされます^^
当然のことながら、一般公道ということで路面状態の悪い場所や、
対向車とのすれ違いもあります。

今回のセッションで学んだ「目線」「フォーム」「1/3ミドル」は
正に公道走行において、セイフティーライディングに欠かせない
ものだとリアルに感じました。
そして「順操舵」「逆操舵」についても、
トレーニングを積み重ね、体に覚えさすことで
きっと自分の身を守ってくれるものだと感じております。

クローズドセッションに参加された方には、
是非ツーリングセッションに参加されることをお勧めしたいですね。
また、今回参加できなかった方には、ワタクシが体験したことを
できる限りお伝えしたいと思っております^^
---------------------------------------------------------

 ワタクシ、当日先導にもかかわらず
 楽しさ故に後ろの方に気を配ることができませんでした。
 この場をお借りしてお詫び申し上げます m(_ _)m
 特に「チャンプさま」スミマセン。


TRIUMPH Fun to Ride Session in Kansai にご参加された皆さまへ。
現在、全力をあげて写真を整理しております。
写真はCD-ROMに焼いて共催ディーラーさまにお送りさせて頂く予定です。
今しばらくお待ちくださいませ m(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。