スポンサーサイト

-- / --  CATEGORY / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手にインプレ:THRUXTON セパハン化

2010 / 01  CATEGORY / PARTS

20100125_01.jpg

寒風に吹かれながら、
お腹一杯ラーメンを食べてみたい。
餃子をひとりで10人前平らげてみたい。
トマト鍋の、〆のチーズリゾットだけ食べてみたい。
という、食に関する願望だけは尽きることがない、助手です。
こんにちは (・ω・)ノ


さて、今回の勝手にインプレは、
現行「THRUXTON」をセパハン化されたという記事が
トライアンフ鈴鹿さまのHPにupされておりましたので、
ご報告させて頂きたいと思います。

トライアンフ鈴鹿さま、
この度はありがとうございました<(_ _*)>



ご存知の方ばかりだと思いますが、
スラクストンは、2008年から
スワローハンドル仕様となっています。

ですが、スラクストンファンの皆さま、
2008年モデル以降のオーナーさまの中にも、
もしかしたら、以前のセパハン仕様を
好む方もいらっしゃるのでは (・∀・)?

スワローハンドルは、
ロッカーズ時代にも流行ったカフェスタイルでしたが、
カフェレーサーに憧れる者の多くは
少々ポジションが‥と思いつつも
セパハンスタイルに拘りを持っていたのだとか。

実は、トライアンフ鈴鹿さまのお客さまの中にも
そんな憧れを抱いておられた方がいらっしゃまして、
この度なんと!セパハン化を実現されたのだそうです。

20100125_02.jpg

以下の記事は、トライアンフ鈴鹿さまのHPより
抜粋・転載させていただきました<(_ _*)>

---------------------------------------------------------

まず、大きな問題だったのは、
昔のスラクストンのセパハンが「22.2mm」の
バーサイズであるため、
以前の純正部品は使えないという点。

ちなみに、
現行のスラクストンは「25.4mm」のインチバー。
しかし、インチバーのセパハンは、ほとんどない。

オーナーさまは「トマゼリで」とのご依頼でした。
※TOMMASELLI(トマゼリ))
DUCATIへのパーツ供給などで知られる
イタリアの伝統的なハンドルメーカー。


しかし、トマゼリのセパハンにはインチバーがないのです。
そこで「ないものは作るしかない!」ということで
母体がOVER Racingであるトライアンフ鈴鹿の強みを活かし、
オーナーさまの願いを実現することに‥。

20100125_03.jpg

トマゼリのセパハンは3分割できるので、
ハンドルバーの部分だけ「25.4mm」で製作し、
尚且つバーエンドミラーもそのまま使えるように加工。
さらに、トップブリッジや
メーターステーも交換しついに完成!!

20100125_04.jpg

なかなかいい感じに仕上がりました。
見た感じもスタイリッシュでしょ^^

---------------------------------------------------------


以上が、トライアンフ鈴鹿さまの
現行「THRUXTON」セパハン化のご報告になります。

現行スラクストンのセパハン化が、見事に実現に (人´∀`)
スラクストンはやっぱりセパハンがいい!と思っていても、
パーツが‥、とお悩みのスラクストンオーナーの皆さま。

ぜひ一度、トライアンフ鈴鹿さまに
ご相談されてみてはいかがでしょうヽ(・∀・)ノ

>>詳しくは、トライアンフ鈴鹿さままで。




PHOTO:今回使用しました写真は、トライアンフ鈴鹿さまHP
トライアンフオフィシャルHPより使用させていただきました。
ありがとうございました <(_ _)>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。