スポンサーサイト

-- / --  CATEGORY / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手にインプレ:バリアスコート

2010 / 01  CATEGORY / PARTS

昨晩、突然DVDプレイヤーが壊れてしまい、
その予期せぬ精密機器の反乱にどうしてよいのか分からず
ただ呆然と立ち尽くすしかなかった
機械音痴のワタクシです。こんにちは^^;

平成の今でも「昭和、斜め45度の法則」は
有りなのでしょうか?^^;

20100124_04.jpg

今回の勝手にインプレですが、
当ブログがいつもお世話になっております
DAYTONA675 SEオーナー"Hirashowさま"より
皆さまに是非オススメしたい商品があるということで、
今回はその商品のご紹介をさせていただきたいと思います^^

Hirashowさま、
この度は誠にありがとうございました <(_ _)>



以下、Hirashowさまのブログ記事より抜粋し、
転載させていただきました <(_ _)>

---------------------------------------------------------

いくらバイクカバーをかけていても
風なんかで擦れて内側の汚れがバイクに付いちゃったり、
ウェアの汚れがバイクに付いちゃったり、
排気ガスのすすなんかで‥。

そして、特に白のボディーは特に目立ちますよね。

20100124_02.jpg

この汚れは、水洗いだけじゃ全く取れない!
下手に擦ると樹脂に染込むみたいに
全体に汚れが広ってしまいます。
皆さんはこんな経験ありませんか?

以前はコンパウンド系のものを使って綺麗にしていました。
しかし、結局はボディーの表面を削り取るので
あまりやりたくない方法でもあったんです。

そ・こ・で!

20100124_01.jpg

皆さまにオススメしたい商品が
この「バリアスコート」です。

少し値段は高めなのですが、
樹脂・塗装・金属等に対して、洗浄および
保護艶出しができる多用途コーティング剤です。


【商品の特徴】※メーカー表記より
◇持続性が高い(最長6ヶ月)
◇高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンが
 ガラスのようなクリスタルな輝きを実現。
◇コーティング後のメンテナンスは
 水洗いだけで光沢を保持。

【使い方】※メーカー表記より
◇水洗い洗車後、スプレーして拭き取るだけ。 
◇水が残っていても施工できます。


使ってみた結果はこの通り!!

20100124_03.jpg

このバリアスコートは、
汚れを浮かせて拭きとるイメージなので、
塗膜は削らないので安心です。

---------------------------------------------------------


以上が、
Hirashowさまのインプレとなります^^

実は、ワタクシもこの「バリアスコート」
確かに用品店等では目にしたことはありましたが、
(正直、とても気にはなっておりました^^;)
なんせお値段がお値段だけに、
なかなかこう手を出す勇気が出ず^^;

ですが、Hirashowさまの記事を拝見しまして
やはりいいものはいいのだと感じました。
機会がありましたら
皆さまも是非ぜひお試しくださいませ^^




今回使用しました写真は、
Hirashowさまのblog“ShowTime”より使用させていただきました。
ありがとうございました <(_ _)>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。