スポンサーサイト

-- / --  CATEGORY / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に無駄方便:プリロードアジャスター

2010 / 01  CATEGORY / 勝手に無駄方便

20100123_01.jpg

こんにちは、
新春スタートのドラマの続きが
気になって仕様がない助手です (・ω・)ノ

ですが、何でもかんでも映画に繋げる
‥というシステムはなんだかちょっと
という感じがしますです (-人-) ハイ。


さて、先日、トライアンフ墨田さまのHPを
拝見しておりましたら、
プリロードアジャスターについての記事がUPされており、
ワタシ自身も非常に参考になりましたので、
ここで是非!ご紹介させていただきたいと思います。

トライアンフ墨田さま、
この度は誠にありがとうございました <(_ _*)>



皆さまの愛車は
アジャスター機能ってありますか?
もしかしたら、

うーーん。
アグレッシブに走ったりはしないから
別にイジらなくても‥。

なんて、
思っておられませんか? (・∀・)σ

何を隠そう実はワタシも、自分の愛車に
アジャスター機能が付いているにも関わらず、
納車から触れたことすらありませんでした ( ̄^ ̄)v
(↑決して、自慢できることではないのであります。)

しかし、トライアンフ墨田さまのHPには、
こんなワタクシのような初心者でも
「ちょっと触ってみようかな?」
なんて思ってしまうくらい
分かりやすいご解説をされていまして。

それでは、その内容を下記で
抜粋してご紹介させていただきたいと思います (´ω´)ノ





【基礎編】
プリロードアジャスターって何?


下の写真の中央の青い部分が
「スプリングプリロードアジャスター」。

これをクルクルと回すことによって、
フロントフォークの中に入ってるバネの圧力を
強くしたり弱くしたりすることができるのだそうです。

20100123_02.jpg



【準備編】
どんな工具で調整するの?


「ちょっと触ってみよう」
と思われた方は、14mmのレンチをご準備ください。



【実践:1】
とにかく回してみましょう


プリロードアジャスターは
時計方向に回すと圧力が強くなり、
サスペンションの動きは硬く(沈み込まなく)なります。
逆に、反時計に回すと
サスペンションの動きは柔らかくなります。

******
プリロードアジャスターの上にある銀色の部分は、
サスペンションの伸側減衰の調整をするためのものですが、
(マイナスドライバーで回して調整できます。)
今回はプリロードアジャスターのみ
回してみてください。
******


初期状態は、上から数えて5本目の線が
根本と同じくらいになる5段目が
スタンダードの設定位置です。
この位置を覚えておけば、すぐに元に戻せます。



【実践:2】
最も柔らかい状態を体感してみましょう


では、サスペンションを
一番柔らかい状態に調整しましょう。
反時計回りに、これ以上回せないという
ところまで回します。

******
ちなみに、時計方向、反時計、
どちらも一杯まで回すとそれ以上は回らなくなります。
******


すると、下の写真の左の状態になります。

この状態でバイクに跨がり、
フロントのサスペンションを沈み込むと‥。
サスペンションが大きく伸び縮みします。

20100123_03.jpg

逆に、時計回りに回して、
サスペンションの一番柔らかい状態に調整しましょう。
すると、写真の右の状態になります。

同じようにバイクに跨がり、
フロントのサスペンションを沈み込むと‥。
サスペンションがあまり伸び縮みしません。

この動きを自分好みに調整することで
乗り心地や曲がり方が面白いくらいに変化します。
街乗り、峠、サーキット、
色々な場面に合わせることができるようになります。

あくまで参考までに‥。
街中では、サスペンションが若干柔らかい方が乗り易く
小回りなどを多様する場面では良いみたいです!

20100123_04.jpg

また、スポーツ走行をするなら初期状態(5段目)くらい、
タンデムや荷物を積んでのツーリングなら
少しだけサスペンションを硬めにすると
良いかもしれませんね!





以上が、プリロードアジャスターについての
ご解説となります。

いかがでしたでしょうか (*゚∀゚*)?
何だか試したくなってきませんか?
ワタシはこの記事を拝見した後なんだか急に
‥というか、取りあえず触ってみたくなって
早速、自分で弄ってみました。

こいういった調整ものは、
何度も何度も調整して、試乗しての繰り返しで
好みの位置を発見していくものですので、
焦らず、少しずつ調整をつめていきたいと思っています。

そして、欲を出して、無謀にも
「伸側減衰の調整」にも挑戦してみたい
と思っていたりもしますので、
伸側減衰の調整についてお詳しい方、
是非ぜひ!教えていただけませんでしょうか?o(*゚∀゚*)o

よろしくお願いいたします <(_ _*)>




今回使用しました写真は、
トライアンフ墨田さまより使用させていただきました。
ありがとうございました <(_ _)>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。