スポンサーサイト

-- / --  CATEGORY / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THRUXTON 2010 SPECIAL EDITION

2009 / 12  CATEGORY / TRIUMPH 情報

こんにちは、助手です (・ω・)ノ

最近、何か事ある度に「寒い、眠い、腹減った」という
ものぐさワードしか発していないそんな毎日が続いていますが、
その結果、着実に体重は増加の一途を辿っております。
きっと来年初めからの怒濤の「餅」攻撃で
その増加傾向は鰻登りに上昇するでしょう (-人-)


さて、今回は、またまたスペシャル・エディションの
ご報告をさせて頂きたいと思います。

20091220_01.jpg

トライアンフUKのHPによりますと、
カフェレーサースタイルでお馴染みの「スラクストン」に
スポーティーでクラシックなSE(スペシャル・エディション)が
登場するそうです ( ゚∀゚ノノ



20091220_02.jpg

このスラクストンSE(スペシャル・エディション)は
エンジンは865ccバーチカルツインということで
エンジンの仕様の変更はありませんが、

◇レッドフレーム
◇ホワイト/レッドストライプ
を基調としたカラーリング、

そして、車体と同色のフライスクリーンと
ブラックアウトされたエンジンケースが
標準装備されているのだそうです ( ゚Д゚)マヂデスカ!?

20091220_03.jpg

20091220_04.jpg

20091220_05.jpg

このクリスタルホワイトという色ですが、
トライアンフが新しく採用したカラーであるそうで。
また、メタリック塗装によって贅沢な仕上がりになっており、
赤いパウダーコートのフレームも初めての試みなのだとか。

スラクストンSE(スペシャル・エディション)は
英国では2010年の初めより生産を開始されるそうですが、
日本への導入時期、価格などの詳細情報は未定とのこと。

実は、このホワイトとレッドの配色は、
昔からモーターサイクリストの間でも
人気の高かったプレミアムカラーであるそうです。
(このカラーリングを今回トライアンフとしては
 初めて採用されたそうです。)

このスラクストン、
まさにSE(スペシャル・エディション)に相応しい
スラクストンですよね (゚∀゚)!

2010年のトライアンフは、
スペシャルエディション・ラッシュ。
次はどんなバイクが登場するのか、とても楽しみです。

それでは、今回も最後までお付き合い下さいまして
ありがとうございました (・∀・)




今回の記事で使用しましたお写真は、
トライアンフUKのHPより使用させていただきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。