スポンサーサイト

-- / --  CATEGORY / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に無駄方便:Speed Triple's

2009 / 12  CATEGORY / 勝手に無駄方便

こんにちは、助手です (・ω・)ノ

今回は、スピードトリプルオーナーのロバートさまが
歴代のスピードトリプルを調べて下さいましたので
ここでご紹介したいと思います。
ロバートさま、この度は有り難うございました<(*_ _)>

20091117_001.jpg

ちなみに。
ワタシの中のスピードトリプルのイメージというと、
使用用途によってアクセルとブレーキが入れ替わって、
シチュエーションによって勝手にダートタイヤに履きかわる
ト○クルーズの例のアレが真っ先に思い浮かぶのですが‥。
皆さま、いかがでしょう?(笑。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

僕は'07スピードトリプルに乗っていますが、、
お恥ずかしいことに、購入するまでスピードトリプルが
映画やTVゲーム等に登場していたことを全く知りませんでした。
そこで、スピードトリプルについてもう少し知りたいと思って
歴代のスピードトリプルのことを調べてみることにしました。

以下は、僕が調べてみた内容ですが、
なんせそれが正しい情報か!?と言われると
そこは全く自信がありませんので、あくまで参考までに(汗
という感じでご覧頂けましたら嬉しいです。

20091117_0002.jpg

初代スピードトリプルのデビューは1994年。
885ccの3気筒エンジン(97ps)、5速ミッション、
セパレートハンドル、ヘッドライトはシングルという仕様。

デビューの1年前に開催された「サロン・ド・パリ」という
オートショーでは、スピードトリプルのプロトタイプに
多くの人だかりができていたそうです。

20091117_0003.jpg

2代目スピードトリプルのデビューは、その3年後の1997年。
このスピードトリプルは「T509 SPEED TRIPLE」と呼ばれ、
885ccの3気筒エンジン(108ps)で、インジェクションを採用。
そのお陰でアクセルレスポンスが著しく向上したそうです。

デザイン面での特徴としては、2本の楕円パイプが特徴的な
アルミフレームと、片持ち式のスイングアーム、
アイデンティティーともいえるデュアルヘッドライトが
このモデルから採用されているということです。

また、英国・欧米仕様はセパレートハンドルでしたが、
日本仕様ではタウンユースの使い勝手を重視し、
アップハンドルの仕様となっていたそうです。

20091117_0004.jpg

こちらが映画で、トム・○ルーズが乗っていたタイプ。
2002年にデビューした3代目は
955ccの3気筒エンジン(120ps)と大規模な仕様変更を行い、
ホイールベースも若干短くなったことから
パワフルさと快適さを兼ね備えたモデルに進化したそうです。

20091117_0005.jpg

2005年では、フルモデルチェンジといわれつつも
そのルックスは変わらずに継承。

仕様変更としては、1050ccの3気筒エンジン(130ps)、
倒立フォーク、ラジアルマウント式のブレーキキャリパーと
高性能パーツが施され、外装パーツも一新。
サイレンサーが左右2本出しアップタイプとなるなど
ストリートファイターとしての迫力が格段に高まりました。
(2007年モデルでは、最高出力が132psまでに向上)

20091117_0006.jpg

2008年モデルでは、1050ccの3気筒エンジン(132ps)。
エンジンやメインフレームの変更はなかったようですが、
リヤサブフレームが新設計され、
タンデムステップのポジションやアロイホイールや
ラジエターシュラウド、サイレンサーのデザインが
一新されています。

その他、ブレンボ製フロントキャリパーと
ニッシン製ラジアルマスターシリンダー、
ショウワ製43mm倒立フロントフォーク(ブラックルマイト)、
マグラ製アルミテーパーハンドルバーなどが装備されています。

20091117_0007.jpg

2009年には、1994年のデビューから15周年を迎え、
限定車「15thアニバーサリー・スペシャルエディション」を発表。

メタリック・ファントムブラックのボディに
赤のピンストライプを施したホイール。
特別装備として、ベリーパンとフライスクリーン、
ゲルシートとスペシャルな装備でした。

20091117_0008.jpg

今回、歴代スピードトリプルを調べて感じたことは、
単にスペックが向上したといった驚きよりも
無駄なものは一切纏わないというアウトローなスピリッツを
具現化したモーターサイクルだったということでした。

仕様は変わってもスピードトリプルのDNAは
いつの時代のモデルにも受け継がれていたような気がしました。
きっと、ボンネビルやデイトナも同じなのでしょうね。

以上になります。
駄文・長文、失礼致しました。




今回使用しました写真は、
トライアンフオフィシャルHPさまより使用させていただきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。