スポンサーサイト

-- / --  CATEGORY / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に無駄方便:名車「Trident 900」

2009 / 11  CATEGORY / 勝手に無駄方便

以前、とあるトライアンフディーラーさまから
「トライデント(Trident 900)」という
トライアンフを代表する名車のことを教えていただけた
そんな機会に恵まれたことがございまして^^

ワタクシ、自分でもいうのもなんですが
気になると何かと調べてみたくなるそんな性格でして。
今回も「んー、チョット調べてみたいぞっ」という
欲求にかられてしまった次第^^;

20091109_ss.jpg

‥という訳で^^;
今回は、この「トライデント」について
調べてみたことをご報告させていただきたいと思います。

但し、あくまでワタクシ個人が調べた内容でございますので、
事実とは異なる場合もあるかと思われます。
大変申し訳ありませんが
ご了承のほどよろしくお願い申し上げます<(_ _)>



---------------------------------------------------------

トライデント900は、1991年にデビューしたそうなのですが、
この年は「新生トライアンフ」がデビューした年でも
あったのだそうです^^

20091127_4.jpg

トライデント900の華々しいデビューから
遡ること7年前の1984年。

1984年は、新生トライアンフの船出の準備が
着々と進められていた頃だそうで、
新会社(トライアンフモーターサイクルズ社)の設立や、
ヒンクレーファクトリーの建設開始、
そして、新モデルの開発が水面下で行われていた
年でもあったようです^^

新モデルというのは、
以前のトライアンフが作っていたものとは全く異なる
3気筒や4気筒エンジン、水冷といったものだったそうで。

20091127_2.jpg

1988年にはプロトタイプの開発が本格的に行われ、
そのわずか2年後の1990年には
ドイツで開催された「ケルンショー」にて
バイク業界やプレス向けにプロトタイプが発表。

そして、翌年の1991年、数種類の新モデルの中でも
ベーシックモデルとしてデビューしたのが、
水冷DOHC3気筒の「トライデント900」であったそうです^^

---------------------------------------------------------

トライデントという名前の由来について、
調べてみると様々な説が存在していましたが、
その中でも、ワタクシが最も気になった説がございまして^^;

ロンドンのピカデリーサーカスという場所にあるという
ブリタニア像(※)が手にしている三つ又の槍
「トライデント」なのではないかという説であります。

20091123_3.jpg
※ブリタニア像:英国自体を擬人化した女神

イギリスを守る女神が持つ三つ又の槍。
イギリスのモーターサイクルを守るトライデント。
ワタクシ、これを読んだ時は思わず
新生トライアンフの新モデルにふさわしい
ネーミングコンセプトではないかと感じてしまいました^^ゞ

---------------------------------------------------------

最後に、トライデント900が
何故名車といわれているのかといいますと。

トライデント900はデビュー以来、
そのシンプルなスタイリングと扱い易さ、低価格も手伝って、
本国のみならず世界中で好評を得ることができたそうで。

それを裏付けるかのように1990年代後半まで
大きな仕様変更もなく継続販売されたのだとか。

タウンユースからロングツーリングまで難なくこなす
新生トライアンフのスタンダードモデルとして
「確固たる地位を築いた一台」ということもあり、
名車といわれ続けているのだそうであります^^

20091127_5.jpg

【参考文献】
◇トライアンフオフィシャルサイト
◇ネコ・パブリッシング発行「世界モーターサイクル図鑑」

---------------------------------------------------------



こうしてトライアンフの名車を切っ掛けとして
その時代にあった様々な背景を調べ踏み込んでみると、
トライアンフというブランド自体にチョット触れた気がして
年甲斐にも無くワクワクしてしまったワタクシでありました^^

今回も最後までお付き合い下さいまして
誠に有り難うございました<(_ _)>




今回使用しました写真は、
トライアンフオフィシャルHPさまより使用させていただきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。